Posted by at

2007年09月10日

お肌の老化について

加齢による皮膚の変化には生理的変化紫外線による光老化があります。
今日はクイズ形式で加齢について勉強しましょうicon67

Q.さてこれはどういう変化でしょうか?
A.これは皮膚が乾燥している状態です。加齢とともに、皮膚の水分含有量は少なくなり、皮膚からの水分喪失も増えます。このような状態で入浴(ボディーソープ)などで皮膚の皮脂を取りすぎると、益々皮膚が乾燥し、かゆみがでできたりします。
 顔の皮膚に関しても同様で、洗いすぎなどでかぶれを起こしやすくなります。


これは皆さんおわかりのようにしみです。
Q.さて、治療法は?
A.Qスイッチレーザーや、トレチノイン、ハイドロキノンなどによる外用薬治療です。
Q.美白の化粧品では取れないの?
A.化粧品の類ではこの手のシミを改善させることは残念ながらできません。
Q.予防は?
A.日焼けどめをきちんと塗り、紫外線によりメラニン細胞が、メラニンを作るのを防ぎましょう。


Q.これは何でしょう?
A.加齢性のイボです。
Q.治療法は?
A.炭酸ガスレーザーで焼灼するか、ハサミで切除するか、液体窒素などで治療します。
Q.予防法は?
A.体質でなりやすい方もいらっしゃいます。日焼けに気をつけて、洋服の襟などでこすれないようにしましょう。

次回も皮膚の加齢性変化についてです。楽しみにしてくださいねface02

  


Posted by yoshiko at 11:57