Posted by at

2008年02月26日

にきびの内服薬

今日はにきびの内服薬についてです。
1.アクネ菌に対する抗菌剤、抗炎症作用
 ミノマイシン、ルリッド、クラリシッド、クラビッドなど。

 中でもミノマイシンが効果的(切れ味が良い)ですが、めまい、色素沈着、胃腸障害などの副作用がでることがあります。
2.ホルモン剤
 低用量ピル、ジオールなど

 低用量ピルは卵巣でアンドロゲンが作られるのを抑制します。ちなみに、アンドロゲンは脂腺の成長を促し、皮脂が作られるのを促進し、にきびの原因となります。
 ジオールはプロゲステロンの尿中代謝産物で、ホルモン作用はありませんが、血液中のテストステロン(男性ホルモン)を減少させることで、皮脂の分泌などを低下させ、生理前に悪化するにきびに効果的です。
3.漢方薬
 漢方は治療の中で補助的な役割を果たします。
 清上防風湯、荊芥連翹湯、排膿散及湯、桃核承気湯などがあります。
4.ビタミン剤 補助的な役割を果たします。

 ビタミンB2,B6が皮脂の分泌を抑制します。
 ビタミンCはにきび後の色素沈着などに対し内服します。
5.アキュテイン(イソトレチノイン) 
 重症の化膿にきびに有効な薬ですが、催奇性などの副作用があります。欧米ではにきび治療に使用されていますが、日本ではまだ一般的ではありません。

icon98以上です。にきびの治療に際しては、症状に応じた適切な内服薬を処方してもらってくださいねface02。  


Posted by yoshiko at 14:05

2008年02月19日

にきびの外用薬

今日はにきびの治療薬(塗り薬)についてお話します。face01
外用薬は大きく分けて3つの作用があります。
1.毛穴の角質の詰まりを改善するもの(毛穴の角化異常の改善)
イオウ製剤、トレチノイン、アダパレン(日本ではまだ発売されていません)など
2.ニキビ桿菌(アクネ菌)に抗菌作用のあるもの
ダラシンTゲル、ダラシンローション
アクアチムクリーム、アクアチムローションなど
3.皮脂の分泌を減らし、皮膚のターンオーバーを早めるもの(ニキビ後色素沈着改善、浅い陥凹変形の改善効果
トレチノイン
 icon76イオウ製剤やトレチノインは使用中皮膚が乾燥します。特に、トレチノインはニキビ改善効果、ニキビ痕の改善効果が高いのですが、赤味、皮向け、乾燥などがおきますので、医師の説明を十分受け使用しましょう。
 icon76ダラシンTゲルはアクアチムクリームより、アクネ菌に対する抗菌力が強力です。
いずれも炎症性のニキビに効果があり、白ニキビには効果があまりありません。
 これらの抗菌薬は、抗生物質などに合わない方の場合、皮膚炎などをおこすこともありますので、合わない場合は医師に相談しましょう。自分に合った外用薬を使用しましょう。
 ローション製剤はアルコールが含まれているので、脂性肌には良いのですが、乾燥ニキビ肌の方の場合乾燥したりしますので、ゲルやクリーム製剤の方が良いでしょう。また、アルコールにかぶれる方はローションは使用しないでください。
 icon75ニキビは早めの治療が肝心です。ニキビ痕を残さないためにも、早めに皮膚科を受診し、適切な治療を受けて下さいね。icon12
  


Posted by yoshiko at 20:55

2008年02月09日

ビタミンEの効能

ビタミンEの効能icon12
ビタミンEは抗酸化作用、末梢循環の改善(血行を良くする)などの作用があります
この季節、しもやけなどに困っている方もおられると思いますが、ビタミンEの内服、外用が効果的です。また、加齢による細胞の酸化防止にも役立ちます

多く含まれる食べ物は、種実類(ひまわりの種、ナッツ類など)、アマニ油、オリーブ油などです。
  


Posted by yoshiko at 10:50

2008年02月04日

ほくろ治療

ほくろには、平らなほくろ、隆起したほくろ褐色、黒色以外にも青色のほくろなどいろいろあります
そのため、ほくろの細胞(母斑細胞)が存在する深さも様々です
ほくろの治療には主に2つありますが、適応、利点、欠点をのべますねface01
1.CO2レーザーによる切除、焼灼
適応:小さく、色の濃くないほくろ
利点:すぐできます。 簡便です。
欠点:再発があります。陥凹、肥厚などがみられる場合があります。
2・手術による切除
適応: 大きなほくろ(4mm以上)、濃いほくろ、青色母斑
利点:病理組織検査が可能です。再発の心配がありません。
欠点:手術翌日、抜糸時などの通院が必要です。30分程の手術時間を要します。
*隆起しているほくろは、かなり小さなほくろでない限り、切除術の方が確実です。
  


Posted by yoshiko at 14:53