Posted by at

2009年09月19日

耳のまわりのいろいろな病変

今日は耳のまわりのいろいろな病変に関してお話します。face02
icon99まずはできものや先天異常です。
1.ケロイド

ピアス部位にできることがあります。
治療:切除術を行い圧迫固定を行ったり、ケナコルト局所注射などを行います。
2.アテローム耳たぶ(耳垂)にできることがあります。
治療:摘出術を行います。
3.副耳

生まれつき耳前部や耳介に存在します。胎生期の発生異常により生じます。
治療:切除術を行います。軟骨が存在するときは軟骨も含め切除します。
4.耳瘻孔

生まれつき耳前部に小さな穴が存在し、この穴から感染を起こすと腫れたりします。
治療:感染をおこしている時は切開排膿を、起こしていない時は瘻孔を摘出します。
5.耳垂裂
生まれつき耳たぶが裂けた形である場合と、ピアスなどで耳たぶが切れてなることがあります。
治療:耳垂形成術を行います。くびれを生じないようにZ形成術などを加えることがあります。
6.耳介軟骨膜炎
外傷や炎症などで皮膚と耳介軟骨の間に血や漿液が溜まります。放置しておくと、耳介に変形をきたすことがあります。
治療:内容液を吸引し、圧迫固定を行います。繰り返してしまう場合は、タイオーバー固定などを数週間行うことがあります。
icon99次に皮膚炎です。
7.皮膚炎

アトピー性皮膚炎、皮膚炎などで耳たぶの付け根が切れることがあります。また、シャンプーやリンス、毛染めなどにかぶれて耳の後ろの部位が赤くなったり、皮がむけたりします。
治療:原因となる物質の使用をやめ、ワセリンなどで皮膚を保護し、ステロイドなどの外用を行います。
  


Posted by yoshiko at 18:35

2009年09月08日

鼻まわりのいろいろな病変

今日は鼻のまわりのいろいろな腫瘍、皮膚炎についてお話します。face01
 icon98まずはできものです。
1.色素性母斑(ほくろ)

治療:炭酸ガスレーザーによる焼灼か、切除術を行います。鼻部(特に鼻尖部)は部位的になるべく切除術(皮下縫合を含む)を行った方が傷痕が目立たなくてすみます。
2.毛包腫

治療:切除術を行います。
3.鼻部線維性丘疹

治療:炭酸ガスレーザーによる焼灼か、切除術をおこないます。
4.その他
icon98次に皮膚炎です。
1.脂漏性皮膚炎
鼻のわき(鼻唇溝)などの脂漏部位に、赤味、皮むけ、軽い痒みが生じます。
治療:ニゾラールローション、クリームの外用、炎症が強い時は場合によってはステロイド外用を行います。ただし、ステロイド外用の場合、酒さ様皮膚炎などにならぬよう慎重に使用しなければなりません。
2.酒さ
赤ら顔、症状のひどい時は紅色丘疹が生じます。

更に症状が進むと赤鼻となります。

治療:オイル系の化粧品の使用をやめ、ビタミンB群の内服、紅色丘疹が生じた時にはミノマイシンの内服などを行います。毛細血管の拡張に対しては、Vビーム、ダイレーザーなどのレーザー治療が効果的です。
3.酒さ様皮膚炎
ステロイド外用薬の誤った使用などで、酒さと同様の症状が生じます。

治療:まず、ステロイドの外用を中止し、皮膚を刺激しないスキンケアを行います。内服は酒さと同様です。

  


Posted by yoshiko at 20:48