Posted by at

2010年04月20日

水虫のいろいろ

また、水虫の方が増えてくる季節になりました。

毎年ゴールデンウイークあたりから水虫(白癬)の症状がでてくる方が多いものです。
icon76水虫には大まかに3パターンあります。
1.指の間がじくじくするもの
2.水疱(水ぶくれ)を生じるもの
3.足の裏が角化し、ひび割れなどをおこしているもの(白癬が進行した状態)

icon76更に、発展して他の要素を伴っている場合もあります。
4.細菌感染、蜂窩織炎を伴っているもの(炎症があるもの)
5.かぶれ(接触性皮膚炎)を伴っているもの

icon99今日は水虫のいろいろなパターンを紹介し、症状に応じた治療、アドバイスを行います。
いずれにせよ、水虫かなと思ったら、自己判断せず、早めに皮膚科を受診しましょう。
1.



指の間がじくじくするものに関しては、早く乾燥させることが第一ですサトウザルべや亜鉛華粉などを外用します。
じくじくが落ち着いたら、抗真菌剤の外用に切り替えます。
icon76じくじくしている内に抗真菌剤を外用すると、抗真菌剤によるかぶれなどを起こすことがありますので注意が必要です。
2.


水泡を生じるものは小さなものはそのままにしますが、大きなものは針などで内容物を排出し、サトウザルべや亜鉛華粉などを外用します。びらん面がおちついたら、抗真菌剤を外用します。
3.


角化を伴っているものに関しては、抗真菌剤の外用に加え、サリチル酸ワセリンなど角質を柔らかくする外用を併用することもあります。
4.

細菌感染をともない紅く腫れているような場合は、まずは炎症に対する治療を行います。速やかに治療しないと、炎症が進行し大変なことになります。
洗浄が必要な場合は行い、抗生物質の内服(あるいは点滴)、炎症を起こしている部位の安静を保ちます。(足の場合はクッションの上に乗せて挙上するなど)
炎症が落ち着いてきたら、抗真菌剤の外用を開始します。
5.

かぶれている場合
多くは抗真菌剤によるかぶれを、更に水虫が進行してしまったと思いこみ、外用を続けたことによりおこります。上記の1の状態などは、痛んだ皮膚表面からの外用薬の吸収がよく、かぶれを引き起こしてしまうことがあります。
また、水虫ではない足背の方まで広く抗真菌剤を外用しすぎておこすこともあります。
icon76治りが悪い、外用によりかゆみが悪化した、皮膚の状態が悪化した場合は、自己判断せず早めに始めに診てもらった病院を受診しましょう。  


Posted by yoshiko at 23:38

2010年04月03日

しみ、しわ、たるみなどの加齢による変化の総合治療パート2

 ご存じのように20代をすぎると少しずつ肌は加齢による変化がおきてきます。30代、40代、50代、60代と年齢を重ねるにつれ、いろいろな皮膚の変化がおきてきます。face02
 ではどのような変化があるのでしょうか?
1.加齢性腫瘍の出現
老人性いぼ(脂漏性角化症)、老人性脂腺増殖症、老人性血管腫(ルビー血管腫)など
2.しみ(色素斑)の出現
老人性色素斑、肝斑、遅発性太田母斑などに加え、皮膚の生まれ変わりの速度が低下することにより、色素むら、黄ばみなどが目立ちだします。
3.しわの出現
 眉間、目じり、額に表情じわが、鼻唇溝部などに皮膚のたるみによるしわが出現してきます。また、皮脂の分泌が減り、乾燥しやすくなることによるちりめんじわなどが目立ちだします。
4.上まぶたのたるみ(老人性眼瞼下垂)、下眼瞼のふくらみ
 年齢ととにまぶたの下垂が進み、重瞼のラインが浅くなったりします。下まぶたも同様で眼窩脂肪が皮膚側に脱出し、たるんだ印象になります。
5.その他
 赤ら顔(酒さ)などは30代から人によっては症状が少しずつおき、更年期に顕著になる傾向があります。

icon76このような変化は人間的な味わいを与えてくれ、決して悪いものではないですが、やはり目立ちすぎると実年齢よりふけた印象をあたえ、気になってしまうものです。
icon98今回からは数回にわたり上記のような変化をどのように改善すればよいか、症例をみながら勉強してみましょう。
Q.では、このケースは

老人性色素斑、治療はQスイッチレーザーなど
老人性いぼ、治療は炭酸ガスレーザーなどによる焼灼
icon76総合治療:このケースは上記の老人性色素斑や老人性いぼにレーザー治療を行った後に全体的なくすみにトレチノイン、ハイドロキノン治療(オバジニューダームシステム)などの治療を行って仕上げるとよいでしょう。
Q.ケース2

老人性いぼ
老人性色素斑
肝斑、治療はトランサミン内服など
icon76総合的治療:ケース2は肝斑に対するトランサミンの内服をしつつ、上記の老人性いぼや老人性色素斑に対しレーザー治療を行います。
Q.ケース3

老人性色素斑
炎症後色素沈着(一部に色素が真皮の深い部分にまで存在)、治療はトレチノイン、ハイドロキノン治療など
icon76総合治療:まず、老人性色素斑などにレーザー治療を行い、オバジニューダームシステムなどの外用治療を行います。目じりのしわに関してはボトックス注射、コラーゲン注入などを行います。
  


Posted by yoshiko at 20:52